November 04, 2013

GarageBandの隠されたパワーを最大限に引き出すMainStage

GarageBandxMainstage

さてすっかりGarageBand研究所みたいになってるわけですが、さらに深く2晩にも及ぶ長時間?の研究の末、謎な部分も多かった新GarageBand (Mac 版 ver.10)のポイントを書いていこうかと思います。

新しくなったGarageBand (→ Mac App Storeより無料ダウンロードできます)、以前とは見た目はそんなに変わってなさそうにも見えますが、中身は恐らくLogic Pro Xと同等のエンジンになっているんだと思います。
64bit化のおかげもあってかサクサク動くようになってますし、1つのキーを押すだけで操作できるキーコマンドもいろいろ使えて慣れてくると編集も捗ります。

プロ用DAWであるLogic Pro X(→ Mac App Store)からいらない部分を取り去ったり、機能に蓋をかぶせちゃって機能限定にしてGarageBandになった。って感じでしょうかね。
ただ、その機能を限定した部分で、音源が減ってる気がする…前にあったインストやエフェクトはどこ?みたいなことになっちゃってる気がします。

そこで今回はGarageBandの隠されたパワーを目一杯引き出す方法です。

» Continue reading

| | Comments (6066) | TrackBack (0)

October 30, 2013

ParallelsでVagrant - 自分用Boxを作る

前記事で、Parallels DesktopをプロバイダとしてVagrantを動かす。という所までやったので、
今度は自分用のBoxを作る編。

Mac OS X 10.9 Maverics / Parallels Desktop 8を使ってます。

ruby / PythonなどはOS標準でインストールされている物を使用。

今回は、最小構成 CentOS 6.4 のBoxを作ってみます。

» Continue reading

| | Comments (68)

October 29, 2013

Vagrantを入れてみる(ProviderにParallelsを使う)

Webアプリなどを作る時、ローカル(Macを使ってます)でPHPやデータベースを動かすのに、今までMAMPというのを使っていました。
MAMPも簡単だし別に悪く無いんだけど、実際のサーバとバージョンが違ったりとかしてくる。そこで最近はVagrantというのがいいらしいって言うので試してみました。要するに仮想マシンに簡単に環境を構築できたり再利用できたりするのが魅力なようです。

と言ってもつい数日前に知ったので全然詳しく無いですが。

まずVagrantをダウンロードしてインストール。

Mac版をダウンロードしてダブルクリックで普通にインストール。
ターミナル.appで

vagrant --version

と入れてみると動く。

VagrantはデフォルトではVirtualBoxで動かすようだけどParallels Desktop 8を持ってるしそっちで動かしたい。

ということで調べてみたらParallels用のプラグイン、Vagrant Parallels Provider というのが開発されてるというのでそれを使ってみます。開発段階なので、エクスポート/パッケージングがもうちょっとしたらできるようになる。っていう以外はほとんどの機能は使えるらしい。

» Continue reading

| | Comments (32)

October 24, 2013

音楽製作ソフト GarageBandが(基本)無料になってバージョンアップ!

GarageBand

Mac OS X 10.9 Mavericksのリリースと一緒に発表・リリースされたGarageBand (バージョン 10.0.0) が無料になりました。

同時に iOS版GarageBand も無料でリリースされています。ここでは主にMac版の事を書いていきます。

今までは、Macを新規購入の場合には無料でインストールされていましたが、GarageBandの新バージョンが出た場合には有料購入という形でした。
今回は、バージョンアップでもMac App Storeから無料でインストールできます。
ただし、事前にOS X 10.9 Mavericksにバージョンアップ(無料)しておく必要があります。 

iOS用GarageBandのアイコンは、iOSのデザインに合わせてフラットな物に変更されていますが
Mac用のアイコンは今までと特に変わりないようです。 

iOS GarageBandアイコン↓

 

» Continue reading

| | Comments (435) | TrackBack (0)

August 10, 2013

MainStage 3 登場!どの辺が変わった?

MainStage

Appleより、音楽製作ソフト(DAW)Logicの新バージョン Logic Pro X( →Mac App Store)がリリースされました。

と同時に我らが(?)MainStageもバージョンアップし、MainStage 3となりました!(→Mac App Store)価格も3000円(2013/10/18現在)とお得感は変わらずです。

MainStageというのは、Logicの音源とミキサー部分のみを抜き出したようなソフトで、その名の通りステージなどで演奏をするためのソフトです。そのため、曲を作る機能などはほとんど無いのですが、MainStageをインストールすることで、Mac用 GarageBandでも音源が大量に増えるんです。というのは以前書いた記事のおさらいです。

では、新しくなったMainStage 3はどうなっているんでしょう?購入してみました。

(追記:2013/10/18 App Storeの価格改定で定価が変わりました。)

追記:
2013年10月にリリースされた新GarageBandではMainStage 3をパートナーとして使うことでさらにパワーアップできます。

GarageBandの隠されたパワーを最大限に引き出すMainStage  の記事をも参考にどうぞ!

 

» Continue reading

| | Comments (434) | TrackBack (0)

March 31, 2013

Mac Journal

Mac Journalからの投稿 を テスト

» Continue reading

| | Comments (89) | TrackBack (0)

May 23, 2012

SSD化したMacのディスクの割当て

前回の記事SSD 化してしばらく使っていますが快調に使えていて満足してます。

ただ、やはり何でもかんでもSSDに入れるにはちょっと容量は少ないです。
最近はデジカメの写真やムービーなんかも高画質化でファイルのサイズが大きくなっていますし。

というわけで外部USB2接続のHDDを併用していますが、その割当てを考えてみたいと思います。

» Continue reading

| | Comments (5)

May 16, 2012

iMac 2006のCPU交換、HDDをSSDに換えて快適!

iMac early 2006… ちょうどCPUがインテルに切り替わった初期のMacです。
CPUはインテル Core Duoというやつで Core 2 Duoではありません。32bitなのです。
今のものに比べたら遅いんだろうなーと思いつつも、割と普通に使えてきたんだけどもそろそろ使えないアプリも増えてきました。
Adobeの最新のCS6なんかもそうです。デモ版で試してみたら起動しません。
というわけで、CPUをCore 2 Duoに交換します。
ついでに容量が厳しくなってきたHDDもSDDに交換です。

» Continue reading

| | Comments (795)

April 10, 2012

modo601メモ:キャラクターのアクターとかポーズとか

2012年3月にリリースされたLuxology modo 601。

念願のボーン作成機能なども搭載され、ゲーム制作ソフトのUnity向けにキャラクターを作ったりとかもやりやすくなりました。
自分は302をずっと使ってたのですがこの機会にバージョンアップ!(302とか601とか言うのはバージョン名です。普通のソフトだと3.0.2みたいな感じ)

302にも簡単なアニメーション機能はあったのですが、さすがにバージョン三つも増えてると機能が大幅に増えててわからないことだらけ…
ということでメモ的に書いてます。

» Continue reading

| | Comments (5)

December 12, 2011

Logic Pro安い!MainStageもっと安い!!GarageBandの音源激増え

mainstageIcon.png

Mac用音楽作成ソフト(DAW)のLogic Pro 9(現在はLogic Pro Xにバージョンアップしています)がダウンロード販売されるようになって、値段もビックリの17,000円になりました。 昔は×××××××円で・・・とか言うのはあまり考えない方がいいでしょうね。

ただ、今のところ自分はDAWはREASONで充分お腹いっぱい状態。 Logicはかなり昔に使っていたことはあるんだけど、まあそのうちでいいかな・・・って感じです。 で、 Apple のサイトを見てたら、シンセやエフェクトのホストアプリ、MainStage にも 19GB におよぶプラグインやコンテンツが付いてくるっぽいじゃないですか。そしてMainStage は2,600円!(→Mac App Store ※現在はMainStage3になっています)これはすごいことかも。Exs24 サンプラーなんて昔は単体だといい値段だったりしたはず。

というわけで MainStage のみ購入してみました。

» Continue reading

| | Comments (92)

«Strum Electric GS-1 と nanoPad2でかき鳴らせギター!